2019年3月20日水曜日

早川谷の春

 早川谷に春の訪れを告げる「日光寺けんか祭り(早川白山神社春季大祭)」は、4月21日(日)に下早川の日光寺で開催されます。
 この祭りは、神事は神社拝殿で行われ、神輿のけんかは観音堂境内で行われるという珍しい「神仏習合」の祭りです。

 下早川地域づくりプランでは、このような地域に伝わる伝統行事を勉強する「地域楽(学)習会」を開催しております。
 先般(3月16日)、能生在住の宮司「佐藤英尊」氏を講師に迎え「神様・仏様」を演題とする講演会が行われ多数の方が聴講されました。



 また、けんか祭りで神輿を担ぐ人(白張:はくちょう)が履く「ワラジ」、昭和の時代には農家等で作られておりましたが、最近はその様子も見かけなくなりました。
ワラジが無ければ神輿を担ぐ白張は困ります。インターネットで調べると購入することは出来そうですが、ここ糸魚川はコメ作りが盛んですから、やはり「糸魚川の藁(ワラ)で作るワラジが良いのではないか。」との声があり、地元の藁を用いた藁縄(わらなわ)作りからワラジ完成までを目指した「ワラジ作り講習会」を下記のとおり開催します。興味のある方は是非ご参加ください。

 
 


日時 平成31年3月30日(土) 13時30分から15時00分まで
場所 下早川地区公民館(藤のさとセンター) 軽スポーツ場
    電話:025-555-2704
費用 無料

2019年1月21日月曜日

さいの神(その2)

 先週に引き続き、20日(日)にも田屋区及び高谷根区でも「さいの神」が行われ、
その様子を見せていただきました。
 この日は、あいにくの雨のため、ワラが濡れて火を点けるのに大変苦労しておりました。
 
【田屋区】
消防団の方が立派に組み立ててくれました。
代表者がお神酒をかけお詣りして年男の人などが点火しました。



 
雨のため、勢いよく燃え上がりません
 
 
【高谷根区】
ここは、竹でなく「御神木」を建ててワラを巻きつけて組み立てました。
 
御神木に、ワラを巻きつけていきます
 
人の姿のような、さいの神が出来ました






2019年1月16日水曜日

さいの神

 1月15日は小正月、小正月には竹や木を骨組みにワラを積み上げて「さいの神」を作りしめ縄や書き初めなどを一緒に燃やし無病息災を祈ります。
 また、この火でスルメや餅を焼き参加者全員でいただきます。
 
 この「さいの神」は、下早川の多数の集落で開催されており、12日(土)、13日(日)に行われた新町区、新道区、谷根区、滝川原区、出区、日光寺区の様子を見せていただきました。
 また、骨組の作り方も集落によって異なることが判りました。
 
 なお、20日(日)には、田屋区、東海区でも、行われます。
 
 
【新町区】
 早川右岸(東側)に大きなさいの神が作られました。

 
主催者の公民支館長、年男(女)、区長が点火役
 
区長がお詣りして
 
点火
 
 
【新道区】
新道区では、「新道区さいの神実行委員会」の方が主催しております。
 
              
 
 
 

 

 
【谷根区】
谷根区も公民支館長が主催者です。


 
 
 
【滝川原区】
滝川原区は、区長が主催者です。




 
【出区】
出区は、自衛消防団が主催者です。
 




 
【日光寺区】
点火の前に「日光寺(真言宗豊山派)」住職が読経し、その後に点火します。




 
今年も良い年でありますように 
 


2018年12月18日火曜日

古代人になって火起こし

12月16日(日)、親と子の手作り教室で火起こしを体験し、その火(?)でジャガイモやソーセージ等の鉄板焼きを行いました。

まずは、火起こしの道具作り

鉄板焼きコンロは既にスタンバイ

まだ、「火」は起きないか?

「おっ!」 いい感じ

「もう少しだ、頑張れ!」

「頑張れ!!」

バーベキュウ開始

銀紙の中身はじゃがバター

締めは、焼きマシュマロ